神の恵みによってすべてが変わった

神の恵みによってすべてが変わった

頑固で強がり、そしてうつ病。SOT2015 勇敢賞受賞者グレイス・チョーが、2 度目の SOT で人生が全く変えられたことを分かち合う

ビバリー・ウン

神がもたらしたものであるなら、必ず神ご自身が乗り越えさせてくださる。これはグレイス・チョー、31 歳の人生を要約した力強い一言だ。

SOT2015 の勇敢賞受賞者が E メールインタビューに答えた。2 コリント 12:9「キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。」を引用しながら全ての栄光を神に捧げますと心からその感謝の思いを語ってくれた。

うつ病、精神不安定、否定的な思い、このような中で、神こそが本当に彼女の力の源であり続けた。グレイスが最初に SOT に入学したのは 2014 年。韓国人であるグレイスは特に試験と言葉の壁に大きなストレスを感じた。「7 年前に私は母を癌で亡くしました。母は牧師の妻として忠実に全生涯、主に仕えていた人でした。私は神様に既に出会っていましたが、母を亡くして以来、悲しみと虚しさ、混乱そして深く神様に絶望してしまいました。外側は平静を保ち、人前では楽しそうに見せていましたが、それは長くは続かず疲れ果ててしまいました。こんな状況でしたから 2014 年の SOT 期間中は自分に葛藤していました。」と振り返る。

その年の卒業式では修了証しか受け取ることしかできなかったが、グレイスはそこでやめることはしなかった。困難の中にあったものの、2015 年に再び SOT に戻ってくることを決意した。神の御心に従うときに初めて本当の自由を体験できると信じたのだ。彼女はボビー牧師が神に対して真剣になることを説教していたその内容に感化された。心から神の御心を求め始めると彼女の心の態度が外側の行動にも影響し始めてきたのだ。

「苦しみによって私の信仰が試されたとき、私にはロゴスがありました。でも知識だけでは克服するのに十分ではありません。私はなぜだろうと考えていました。そして神様の御言葉が私にとってレーマになったとき、初めて聖霊によって息吹を吹き返し、そして立ち上がることができたのです。そうやって私はうつから抜け出すことが出来ました。それは牧師の説教と教えを通してです。苦しみを経験しましたが私はそれを乗り越えることができたのです。」

グレイスは韓国に帰国した後、妹のサンも含め、周囲の人たちに良い影響を与えている。妹は SOT2016で学んだ。

SOT で過ごした期間を通して自分は全く変えられたとグレイスは語る。私はとても頑固で、いつも自分が正しいと思っていました。そんな古い態度のゆえに何度も傷つき悩んでいたんです。しかし、今年の SOT でグレイスは、イエスの性質に変えられること、つまり聖めについて学んだ。一歩一歩、日々主の恵みによって変えられている自分に気づいている。

グレイスは自分をイエスの弟子ペテロに重ね合わせる。ペテロは多くの失敗をし、それでもイエスに愛され、訓練され、大事にされ、最終的に大胆に福音を語るためあらゆるところに出て行った。

新しく悟ったキリストの啓示に生きる中で、グレイスは与えられた賜物と才能を生かし、母教会に仕え、そして偉大な戒め・大宣教命令・文化的使命・CHC の 15 のパラダイムを母教会で実行することを目標としている。「主に真剣であるなら、是非 SOT で学んでください!必ず祝福されます。神様のほうは常に私たちを祝福したい、教えたい、訓練したいと願っているのです。あとは私たちの応答と従順次第です。SOT に行くことを祈っている方たち、どうぞ信仰の一歩を踏み出してください。SOT に登録申請するという小さな最初の一歩さえとても重要なの
です。私の場合、申請をしたすぐあとから神様が働き始めてくださいました。」グレイスはこのようにみなを励ましている。