倫理規程

倫理規程は、 School of Theology(SOT)で学ぶ者たち全員の倫理行動基準の中心である。これは、高潔さ、一般常識、神に対する敬意、人間の尊重、社会と霊的規則の個人的道徳規範原則の概念に基づく。既に入学を許可された者たちは、このキリスト教精神の高潔的側面を模範的に守ることとする。

倫理規程の誓約

この誓約書に署名することは、私がSchool of Theology (SOT)がキリスト教の働きに基づき創設されたものであり、ナザレのイエスキリストを個人的な救い主と認め、それゆえ伝道を生活の一部とする生活習慣を守ることを誓います。そして学校がクリスチャンとして求める態度や事柄に対し個人的に遵守することを誓います。

1. 私は全身全霊をもって神の栄光を現すために学業と創造性を発揮することを誓います

2. 私は神との個人的関係を発達させることで霊的に成長することに努めることを誓います

3. 私は、自分自身を愛するように他の人々を愛し、社会的に良い人間関係を築くことを誓います。私は、嘘をつきません、盗みません、のろいません、悪口を言いません、だましたり、偽証しません。私は学校の勉強を自分でこなし、他の学生の提出課題の宿題をうつしたりしないことを誓います

4. 私は 学校内でも学校外でも、いかなる不品行行為、違法的行為と習慣をしないことを誓います。このために、私は麻薬、不法性交渉)をしません。私は酒とタバコものみません。学生のための手引書に記載されてる一切の規則に反することはしないことを誓います

5. 私の人生に対する神からの要求に対し開かれた心を持ち続けることを誓い、私の人生における神の御心を最善を尽くして知り、従うことを誓います

6. 私は神があがめられ、高められるときは常に自分の選択としてその礼拝に出席することを誓います

7. 私は学校の定める規則を常に遵守することを誓います。私はSOTが私立学校であり、私には学校統治をするための既得権を行使することはできないことを認めます。私がSOTに入学できることは権利ではなく、特権であり、学校の規則に反した者が学部長の判断のもと退学になることを認めます。SOTがキリスト教機関としてこのような行動を取ることは、学校の霊的・道徳的環境やSOTの校風を守るために必要だと見なします。

私は倫理規程を注意深く、祈り深く遵守します。ここに承認の署名をすることは、私とSOTとの間のもので、私がこの倫理規程を全て守ることと、これが卒業条件であることを認め、また私と学校とのこれからの継続的な関係においても記載されていることが私の人生の一部になることを認めます。この倫理規程を承認することは、神の御前にどう生きるかを固く約束することになると認めます。