授業料返金について

SOTでは以下の状況の場合、学生からの書面による届出があった場合、授業料とその他の関連料金(申請費用と教科書代は除く)を学生に返金致します。

  • 学校側よりコース開始に関する連絡がなく、コースが開始されなかった場合。
  • 学校側より理由なくコースが終了されなかった場合。
  • 学校側より終了日程の知らせがないままコース打ち切りとなった場合。
  • 学校側または学生が不可抗力の事態によりコースを継続することができなくなった場合。

SOTは、上記の理由以外であっても退学希望の理由が適切である場合、学生に授業料を返金します。その場合、学生から提出のあった返金申請書に記載されている日から30日以内に返金がされます。返金額は以下の通りです。(申請費用と教科書代は除く)

しかし、学生に下記のような問題が見られ、退学処分になった者に対する授業料の返金は行いません。退学処分になった学生で、授業料の分割払いを選択していた学生は退学日までに授業料の全額を支払わなければなりません。

  • (i)学校の注意にも関わらず適切な理由なしに授業を欠席した場合
  • (ii)学校側からの注意にも関わらず品行が改善されていない場合
  • (iii)シンガポールの法律に違反した場合
  • (iv)度重なる不作法と健康や安全を脅かすような深刻な行いが見られた場合。

学校は、SOTの校風またキリスト教の学校としての霊的雰囲気と道徳性を保持するため上記のような品行を持つ学生を学部長の判断のもと退学処分にする権限を持っています。

返金額(申請費用と教科書代は除く)は以下の通りです。

返金される授業料とその他の関連料金の割合 (%) 学生からの退学届出が受理された場合:
100% 授業開始日より7日以上前の場合
90% 授業開始日前、しかし7日以内の場合
50% 授業開始後、しかし7日以内の場合
0% 授業開始後、7日以上たっている場合

授業料の返金額はその学生が退学希望する時点でいくら支払っているかによって変わります。毎月分割払いで授業料を納めている者が、月の第1週目に退学する場合、そこまで収めていた月分割授業料は返金されず、まだ支払っていない場合も、その月までの料金として支払わなければなりません。個々の理由により例外が生じることもあります。

学生から前もって退学届出書が提出されず、またその学生が7日間無断で授業を欠席した場合、それまでに支払われている授業料の返金はできません。